おいしいスイーツと雑貨がスキ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 可愛くて美味しい贈り物* | main | 美しい。ピンクのマカロン。 >>
salut!ナンバーロゴ入りチェア。
      ちびチェア


先日のanzuと赤レンガ倉庫デートしたときにsalut!にてお買い物したもの。

完全一目ボレ(ノ∇≦*)♪

ナンバーものに、つくづく弱い・笑

よく子供の幼稚園に行ったとき、座ったらイスが見えなくなるくらいの
小さいイスに座ったのを思い出しますが
それよりさらに小さいくらい。

1〜2才くらいの子がちょこんと座ってもめちゃくちゃ可愛いだろうなぁ(*´∇`*)
まだオムツしてる、まぁるいお尻で。
おままごとセットといっしょにとか。
お絵かきしたりとか。
子供たちが小さかったら、最初は座って使わせて
座れなくなったら花台にして、って使い方をしていただろうな。

春からのベランダガーデニングに使うか・・・
こうやって部屋に置いててもジャマにならない大きさです。


      ナンバーロゴ


小さいとはいえ持ち歩くには結構かさばるものだったのに
そんなこと、もろともせず。

時々あちこちに、カランカランぶつけながら・笑
持って帰ってきました。


あぁ・・・カワイイっヽ(´▽`)/



今日で子供たち学年最後の登校。
終業式です。

ちょうど1年前、いろんな想いを抱えながら福岡から地元へ戻ってきたときの
ことを思い出しています。


続きからは、そんな今の心境のつぶやきです。

 
  ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★* ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*


lilyの高校受験準備のため転勤先の福岡から地元へ帰ってきて1年。

papaは今期も福岡勤務続投が決まってから、しばらくは落ち込んでいました。

やっぱり子供たちの進学とか、先のこととか、もう何も考えずに
papaと一緒に福岡にいれる間はいればよかったんじゃないか?って。

1年前に地元に帰ってきて落ち着くことで、lilyは受験の準備が最初からできるし
anzuも4年生に戻ってこれたことで、この先の高学年、中学校と安心して
進学することができる、一番よいタイミングだ。
lilyが中学卒業まで福岡にいて、こっちで受験するのは様々なデメリットもあるし
anzuも6年生で帰ってくることになるから。
そう決めて、いろんな想いを振り切って帰ってきたのに。

またあと半年になるか1年になるかわからないけど、papaは福岡に残ることになって
本当にあの決断が正しかったのか?
本当に子供たちのためになったのか?

誰のために、何が良い選択なのか、わからなくなって。


じゃあ、この1年振り返ってみて、実際どうだったのか?
やっぱり帰ってこなければよかったって思うような1年だったのか?

lilyは吹奏楽に出会ったことで、大きな感動を本人はもちろん
家族の私達にも与えてくれました。
吹奏楽は個人プレーではできないから、皆でひとつになって何かに向けて
頑張ることの素晴らしさを学んだ1年でした。
それを近くで見てきたanzuもまた、小学校の器楽合奏部で同じような
体験をして。
ちょっと何か嫌なことがあっても、音楽に没頭することで忘れることができたり
それを聴かせてもらう私達も同じで。


この春には3年生になり一番上に立ち、後輩たちを引っ張っていなかければ
いけない責任も感じています。


日常生活では、今まで頼りっぱなしだったpapaがいないことで
私も強くならざるを得なかったし、子供たちも一緒になって頑張ってくれました。

姉妹で同じように転校することでの苦労だったり悩みを分かち合うことで
親の私から見ても2人はより仲良くなっているように思えます。

また、離れて暮らさなければ、papaと2人で九州を旅行することなんて
なかったはず。

そのときの記事 → 1. 2. 3. 4.


子供たちがもっと大きくなれば、そうやって2人であちこち、ゆるゆると旅するのも
楽しみだね、とは以前から話していましたが、今のタイミングではなかったと思うので。
すべては、こっちでいろんな面で支えてくれている母のおかげでした。


結局、どの選択が正解かは、家庭によって違うものだから。

どうしても子供の進学のために、ご主人が単身赴任になっているという
ご家庭が福岡にはとても多かったのですが。
(転勤族が多く住む地域だったので)
それが、その家族にとっての正解で。

そんな中、ご主人が転勤で東京へ行ったけど
家族は一緒にいないとね、って会社を辞めて福岡へ戻ってきて
それはそれは苦労されたけど、きっとそれがその家族にとっては正解の選択で。

あのとき決めた選択が我が家にとって本当に正解だったかなんて
人に聞いてもわからないことで、自分たちがそれでよかったと思えば
それが正解。

この1年はlilyの受験準備も本格的に始まり忙しくなります。
とはいえ、親ができることは体調管理くらいしかないんですけども。

lilyは中学3年生、anzuは小学5年生。
それぞれの新しい1年、また元気にスタートできるように
私自身も、今の自分をちゃんと好きでいてあげようと思います。
春だからといって無理に新しいことを始めなくてもいいかな、とは思うので
今の目の前の生活を、ひとつひとつ、大切に、丁寧に。


以上。長い長いつぶやきでした(笑



JUGEMテーマ:ナチュラル雑貨・インテリア 
09:40 / lovin' home / - / -
スポンサーサイト
09:40 / - / - / -
Twitter
Powered by NINJA TOOLS